国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース ホーム  >  MBAプログラム  >  入試概要

入試概要

出願者は、出願が間違いなく受理され、適切なタイミングで審査されるように、出願前に、入試要項Application packageの内容をよくご確認のうえ出願書類を準備し、出願書類提出前にすべての書類を見直し、書類に漏れのないようにご提出ください。(注意: 出願書類に不備がある場合、入試委員会は審査を行いません。)
Application packageは、こちらからダウンロード可能です。
Application package
( ZIPファイル : 670.7 KB )
ダウンロード
出願書類一式は、オンライン出願システムを通じてご提出いただきます。
※2017年度入学の出願期間は終了いたしました。2018年度入学の出願期間になりましたらご案内いたします。
注 )
  • 出願者は、各出願期間のできるだけ早い時期に書類をご提出いただくことをおすすめいたします。
  • 1年制プログラムか2年制プログラムのどちらかを選択して受験していただくことになりますが、一旦出願いただきましたら、途中からプログラムの変更をすることはできませんので、ご注意ください。

2017 年入学・入試日程 

2017年(秋)入学のための出願期間は以下の2期があります。
どちらの出願期間においても、出願書類・審査基準は同様ですが、一次募集の結果により、二次募集の定員枠が少なくなっている可能性も考えられるため、できるだけ一次募集への出願をお薦めいたします。
加えて、奨学金の受給などにおいて、一次募集の方が有利になる可能性があることもご留意ください。

それぞれの出願期間・面接・合否発表の日程は以下の通りです。
一次募集
出願期間: 2016年11月28日~2017年1月 5日
面接日: 2017年2月 3日
合否発表: 2017年2月16日
二次募集
出願期間: 2017年1月30日~2017年3月 2日
面接日: 2017年3月31日
合否発表: 2017年4月20日
注 )
  • 日本の学校教育法第83条に定められた大学を卒業した者
  • 日本の学校教育法第103条に定められた学士号を取得している者
  • 日本以外の国で、認可された大学で学士号またはそれと同等の学位を取得し、16年以上の教育を修了した者
  • 日本国内に居住し、日本国外の認可された大学が提供するコースを通信教育で受講し、16年以上の教育を修了した者
  • 日本の文部科学大臣によって特に指定された者
  • 日本国内にある認可された外国の大学で学び、16年以上の教育を修了し、日本の文部科学大臣によって認められた者
  • 日本国外の大学その他の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について、当該日本以外の国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして日本の文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において、修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該日本以外の国の学校が行う通信教育における授業科目を日本において履修することにより当該課程を修了すること及び当該日本以外の国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により、学士の学位に相当する学位を授与された者
  • 日本の文部科学大臣の指定日付より後に、専門学校が提供する4年制以上のプログラムで特別コースを修了し、日本の文部科学大臣によって認められた者
  • 日本の学校教育法第103条第2項に基づく早期入学制度を利用して大学院に入学し、一橋ICSの入学許可委員会が大学院で学ぶ学力を有すると判断した者
  • 一橋ICSの入試委員会が、個人入学許可審査の結果、大学院で学ぶ学力を有すると判断し、年齢が22歳を超えている者
  • 一橋ICSの入試委員会が、一橋ICSの規則および規程に従って、大学院で学ぶ学力を有すると判断した者
ページトップへ
BEST Alliance
PORTER PRIZE