国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース ホーム  >  DBAプログラム

DBAプログラム

経営学博士プログラム

一橋ICSでは2002年10月から、実務経験者を対象とした経営学博士プログラムを開始しました。当プログラムでは、ビジネス現場に近い立地を活かした東京都千代田区の一橋大学キャンパスにおいて、グローバルに活躍する実務経験者に向けた英語による博士レベルの教育を提供しています。

当プログラムにおいて授与するのは、Ph.D.ではなく、DBA (Doctor of Business Administration)です。Ph.D.教育は学術研究をする上で必要な理論的、方法論的な基礎を第一義的に追求していますが、当プログラムでは、これに加え、ビジネス上の問題解決や実用的意義も同様に重視しているからです。このため、DBAプログラムは、研究、教育、学会活動のみならず、執筆、講演、コンサルティング等を通して実務家コミュニティに貢献したいと考えている実務経験者に適したプログラムといえます。
このように、当プログラムで育成した学位取得者はさまざまな形で社会に貢献し、活躍していくことになりますが、当プログラムにおいてとりわけ重視しているのは、グローバル化を目指す日本国内はじめアジアのビジネススクールの教員の育成です。特に、そうしたビジネススクールのいわゆる実務家教員で、博士号の必要性を痛感している方には最適なプログラムです。仕事を続けながら、研究論文を書き上げるための知識とノウハウを会得し、博士号を取得することが可能です。博士号取得後は、それまで制限されていた博士課程の教育に自ら携わることができるようになり、研究・教育の幅は大きく広がり、深みも増します。

DBAプログラム

DBAプログラム
一橋ICSのDBAプログラムでは、学術世界と実践をつなぐ「ひとつの架け橋」となる人材を育成します。学生は、自身の実務経験から得た知見を、本プログラムで学ぶ新しい経営理論や概念、方法論と結び付け、経営学の最先端における独創的な研究を行うことができます。

入試概要

入試概要
一橋ICSのDBAプログラムの入学時期は例年10月で、応募期間は通常年1回、5月に設けています。出願者は、出願が間違いなく受理され、適切なタイミングで審査されるように、出願前に、入試要項(Application package)の内容をよくご確認のうえ出願書類を準備し、出願書類提出前にすべての書類を見直し、書類に漏れのないようにご提出ください。

授業料

授業料
授業料、入学金、受験料の支払い方法についてまとめてあります。費用については変更される場合があります。
ページトップへ
BEST Alliance
PORTER PRIZE