国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース ホーム  >  一橋ICS 国際経営戦略コースについて  >  歴史

一橋大学大学院国際企業戦略研究科(一橋ICS)の歴史

一ツ橋(1920)
一ツ橋(1920)
map
現在の一橋ICSキャンパス所在地
一橋大学は、「キャプテン・オブ・インダストリー (Captains of Industry)」として誕生してからおよそ140年の歴史を誇ります。1875年に商法講習所として開設され、1923年9月の関東大震災で校舎の大半を失い、1930年に都心から約25キロ西に位置する国立に移転しました。
1998年、一橋大学は、実務知識と世界に通用するスキルの養成に重点を置いた、全て英語によるグローバルなMBAプログラムを提供するために、都心に大学院国際企業戦略研究科 (一橋ICS) を設立しました。

年表

1875年 森有礼が、東京都内に商法講習所として開校
1885年 一ツ橋に移転 (現在の一橋ICS所在地)
1902年 東京高等商業学校に改称、4年制を開設
1920年 東京商科大学に昇格、日本国内最高の商業教育機関と認められる
1923年 関東大震災の被災により、図書館を除くほぼすべての校舎が倒壊
1930年 東京都心から約25キロ西の国立に移転。メインキャンパスは今でも残る
1949年 一橋大学に改称
1998年 第6の大学院、一橋大学大学院国際企業戦略研究科 (一橋ICS) の設立が決定
2000年 一橋ICSが設立され、2年制MBAプログラムに最初の学生が入学
2006年 一橋ICSが1年制MBAプログラムを開始
2008年 一橋ICSがメディア対応のシグネチャー・コース「ナレッジ・ウィーク (Knowledge Week)」を開始
2009年 一橋ICSがABEST21の認証を受け、「ワールドクラスのカリキュラム」の評価を獲得
2010年 東京都千代田区一ツ橋の国立情報科学研究所ホールで、一橋ICS卒業生を迎え10周年式典を開催
2011年 一橋ICSが北京大学およびソウル大学と提携し、BEST ("BEijing-Seoul-Tokyo") アライアンスを結成
2012年 一橋ICSが世界23カ国のビジネススクールと提携し、GNAM(Global Network for Advanced Management)結成

歴代研究科長

2000年〜2010年 竹内 弘高
2010年〜2012年 Christina Ahmadjian
2012年〜2014年 菅野 寛
2014年〜 一條 和生
ページトップへ
BEST Alliance
PORTER PRIZE